公募が最もお得

各墓地の特徴

ウーマン

神奈川にある霊園の種類は、寺院、公営、民営の3タイプがあり、それぞれ独自のシステムで運営管理されています。
神奈川でお墓を購入したい方は、それぞれの特徴と違いを良く理解することが大切です。
神奈川の寺院霊園は、歴史があり由緒正しい寺院が多い点が特徴です。
寺院霊園のメリットは、お坊さんが近くにいるという安心感です。
お坊さんが常に在中しているので、お墓参りの際に直ぐにお経を読んで貰うことができます。
ただし、寺院霊園は、宗派・宗祖をしているところがあるため、宗派替えが必要になる場合があります。
この点は、自分の身内とよく話し合い、了解を得ておきましょう。
公営は、神奈川の市区町村が管理している霊園で、1〜2年単位で希望者を公募しています。
公営は費用が安いので人気が高く、毎回多数の応募者がいます。
そのため、申し込みしても順番待ちの状態です。
公営には、申し込み者の住所地、焼骨がないと応募できません。
その他にも市区町村ごとの応募条件がありますので、窓口に直接問い合わせてみましょう。
民営霊園は、寺院や公営のような応募条件や制限はありません。
敷地内のバリアフリー化、管理体制、付帯施設などのサービスも納得できるものとなっています。
費用は公営よりも高めに設定されており、それぞれの霊園で費用が異なります。
近年では、ペット用の霊園を併設しているところもあります。
3タイプの霊園の唯一の共通点は、お墓を引き継ぐ子孫や後継者がいることという申し込み条件です。
お墓を引き継ぐ人物がいない場合は、どの霊園にも申し込みできませんので注意しましょう。

永代供養墓と納骨堂

フラワー

神奈川に先祖代々のお墓がある方は、自分が亡くなったあとはそのお墓に入ることができます。
しかし、入るお墓がない方は神奈川の霊園でお墓を建てることになります。
神奈川の霊園でお墓を建てる時は、100〜200万円ほどの初期費用と年間管理料の支払いが必要です。
また、お墓参りするような家族や親族がいないと霊園にお墓を建てることができません。
お墓に費用をかけたくない、身内がいないという方は神奈川の永代供養墓がお勧めです。
永代供養墓とは、たくさんの人と一緒に納骨する共同のお墓や個別に納骨する納骨堂のことで、神奈川の寺院や霊園が運営管理しています。
永代供養墓で利用する時の費用は5〜100万円ほどの初期費用がかかります。
初期費用は永代供養料という名目になっており、内訳は、永代供養、納骨法要料、刻時料となっています。
永代供養とは寺院や霊園が行ってくれる供養の料金で、納骨法要料とは遺骨を納める際にかかる費用のことです。
刻時料とは、永代供養墓に名前を刻む料金やお寺の過去帳に記入する費用です。
永代供養はこの初期費用を1度支払えば、年間管理料や追加費用は一切かかりません。
しかし、個別に希望するものについては料金がかかります。
初期費用を払えば、命日、お彼岸、回忌法要などの節目には寺院や霊園がきちんと供養してくれます。
ただし、永遠に供養して貰えるわけではなく、33回忌、50回忌の節目には、納骨室から遺骨を取り出して合祀墓に移されます。
永代供養は一般のお墓と相違点が多々ありますので、違いを理解して選びたいものです。

永代供養が増えている

レディ

お墓の管理やお参りには、どうしても多くの時間と金銭的な負担がかかってしまうものです。
そうした中、神奈川などの都市部に住む人の宗教観などの変化もあってか、これまでように個別のお墓を持つというこだわりが薄れつつあります。
その代わりに寺院や霊園に共同埋葬をしてもらうという、永代供養墓という形に注目が集まってきています。
永代供養とは、お墓にかかる一切の面倒を寺院や霊園に受け持ってもらう供養方法の事です。
供養や管理などを個人に代わり寺院や霊園が取り仕切って行ってくれるため、これまで負担わしかったお参りや管理などの負担は大きく減ります。
永代供養墓は合祀(ごうし)墓、合同墓、永代納骨堂、共同墓など、様々な呼び方をされる事もあります。
遺骨を納骨堂やロッカーなどに納める屋内型、遺骨を纏めて埋葬する屋外型などのタイプがあります。
神奈川などの都会にはマンションやビルの一室を利用した屋内型、少し離れた郊外には自然景観を生かした屋外型のタイプの永代供養墓が増えてきています。
永代供養の特徴は、寺院や霊園が責任を持って、永代(長い年月)にわたって供養と管理をしてくれる事にあります。
また、一般のお墓と比べて、他の遺骨と共同のお墓のため、費用が割安になるのも大きな特徴です。
合祀墓の場合、神奈川県などは3万〜10万円程度が平均額で、一般の墓を建てる場合と比べて経済的負担が大きく減ります。
祖先の供養はきちんとしたいが、自分達の子孫などには負担を押し付けたくない、などといった理由から、神奈川などの都市部に住む人から注目をされてきています。これまでのお墓から永代供養墓に移行したいと考えているのであれば、もともとあったお墓の墓じまい作業が必要です。墓じまい作業全般を全て業者に依頼すると約20万近い費用がかかりますが、煩雑な改葬手続き書類の作成やお墓の解体や石材の処理も依頼できるので、面倒がありません。是非墓じまい業者をチェックしてみてください。
また、お墓をたてたいという場合は墓石を販売している専門業者などからも購入することができます。
しかし、一般的なものでなくオリジナリティあるお墓にしたい場合は大阪にある業者に依頼をすると良いでしょう。
オリジナルの墓石を製作してもらうことができるだけでなく改葬なども依頼することが可能です。